2006年12月01日

出身地

フットボールをみていて(特にヨーロッパですが)時々気になる
ことがある。選手の出身地。

「うお、この選手の出身地ってなんだこれ?」
とかで探したりする。特にフランスの選手に多いのだが、
「どうして?」と思った選手が
ナント、レアルマドリー、サンプドリアで活躍した「カランブー」。
彼は太平洋のニューカレドニア出身だったのだ。
アフリカなら植民地がたくさんあって不思議には思わなかったが
太平洋って。それでニューカレドニアはフランス領でした。
すごいねフランスと思ったものでした。

オランダでもよくスリナム出身スリナム出身と書いてあったので
僕の先入観からアフリカだろうと思っていました。
(植民地はアフリカが多いと思っている)
しばらくして調べたら、スリナムは南アメリカでした。
オランダ、フランス植民地多いなとか、歴史を知りたくなる。

フットボール選手の出身地から知らない国がでてくる。
興味が広がって調べたりするとまたおもしろいのだった。

それではまたです。
posted by とお at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ふっとぼーるから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。